セルフネグレクト予備軍

セルフネグレクトという言葉をご存知?
 

子供の世話を怠ること。
いわゆる育児放棄を
ネグレクトといいます。

セルフは自己のことですから、
セルフネグレクトは、
自分の世話を怠ること。
「自己放任」を意味します。


自身の世話を怠っていく、
セフルネグレクトのご自宅は
必然的にゴミ屋敷化していきます。


セルフネグレクト予備軍

いま、そんな
セルフネグレクト予備軍が増えています。
それも男性が特に。


ある民間企業の調査結果では、
年間3万件の孤独死の内、
セルフネグレクトが8割であった。
そのようなデータもあります。

実際に遺品整理の現場で、
ゴミ屋敷件数が増えたと
体感でも感じています。


孤独な一人暮らしと
セルフネグレクトは背中合わせ。


一人暮らしは、身の回りの世話全てを
自身が行わなければなりません。
多くの方は面倒なことと考えます。

体の調子が悪くなり、動くことが辛い。
転倒して怪我をした。動くことが難しい。

こういう時は特に思うんです。



ああトイレに行きたい。。。

でも面倒だ。動きたくない。

歩くのが辛い。

考えることも億劫になってきた。



手元にあるペットボトルに目がいく。



「とりあえず、嫌だがこれで済まそう。」
「後で片付ければいい。」


その後、ベットの周辺には
ペットボトルの山ができていた。

それだけではなく、
食事を作ることも面倒になり、
コンビニ弁当で済まし始める。

食べたものをゴミ箱に入れていたのが、
次第に置きっぱなしになる。

着ていたものも脱ぎっぱなし。
同じものを着続ける。


誰も見ていない。
誰にも注意されない。
誰をこの部屋に入れるわけでもない。


嫌だけど、認めたくはないけど、
でも身体が、気持ちがどうにも進まない。
仕方がない。仕方ない。

こうしてセルフネグレクトとなり
ゴミ屋敷の中で生活される方がいます。


これは実際にあるお話です。


地域社会とのかかわりが
うまくいかない方は特に、
セルフネグレクトになる傾向があります。


あなたのご両親だけでなく、
あなたご自身はいかがでしょうか?

地域社会とのコミュニケーションを、
元気な内からとり組むことが大切です。

外に出て、誰かと会話をする。
顔見知りを作る。馴染みの店を作る。

自分の存在を知ってもらう活動は、
自身でしかできません。

セフルネグレクト予備軍に
ならないようお過しください。


ご自宅の一部だけでもかまいません。
お片づけでお困りごとがありましたら、
私たちコンシェルジュにご相談ください。