安かろう悪かろう。

「安かった」で依頼した業者が不法投棄。依頼者にも罪が問われるかもしれません。

昨今、遺品整理、生前整理の重要が急増し、
それらを請け負う業者も増加傾向にあります。

その中で、廃棄物処理業の無許可営業や、
無許可での収集運搬、廃棄物の不正輸出など、
違法行為をする業者も多数存在しているようです。

一般廃棄物収集運搬について、
無許可での収集運搬や、
処分場に持っていけないがための
遺品の不法投棄につながっているケースが、
近日多々増えている状態にあります。

不法投棄は犯罪行為です。

「見積り料金が安いから◯◯に依頼した」
「とにかく安ければどこでもいい」
「どこに頼んでも一緒でしょ?」

このような判断は安易でありとても危険です。

なぜなら、
遺品整理を依頼されたご遺族・ご依頼者の方々にも、
不法投棄の排出者として、責任を問われる可能性があるからです。

廃棄物処理業の無許可営業や、
無許可での収集運搬、廃棄物の不正輸出など、
違法行為を行った場合、最も重い罰則で
「5年以下の懲役、もしくは、1,000万円以下の罰金、
またはこれの併科」とされており、
違法業者は罪に問われるものとなります。

現代では、街の至るところに監視カメラがおかれています。
また、昨今は運送業や廃棄物収集運搬許可業者をはじめ、
何らかを運搬する運搬車両には、ドライブレコーダーなど、
車両の動向についてもカメラが常備されていることから、
必ずと言っていいほど、犯罪行為はみつかります。

目先の「安い」にとらわれず、
安心して最後まで処分を依頼できる業者かを
見極めることも利用者の責任となる時代です。

思い出のモノが不法投棄されていた事実を知った
ご遺族様の悲しみや憤りは計り知れません。

不法投棄の犯罪行為に加担しないよう、
見た目の誠実な対応だけでなく、
安心できる業者か見定めた上で
見積りを依頼しましょう。

2018年9月27日木曜日